世界平和実現構想+α

世界の平和を実現するための方法を考えます

後書き

 

 

「世界平和実現構想」及びブログについて

この書籍を無料公開した理由

私は本来この「世界平和実現構想」の内容を無料公開はせずに有料販売のみを行うつもりだった。私は現時点であまり生活に余裕があるわけではないし、今後の活動全般の資金を確保したいという気持ちもあったので何としても利益を上げたかったのである。そして世の中そんなに甘くはないかもしれないが、私の持っている多くの知恵を本にして売ればある程度の大きさの利益は得られると考えていた。しかし私は最終的にその内容をインターネット上において無料で公開することを決断した。そして仮にもし今後書籍化するのだとしても、その時は私は一切利益を受け取らないようにする代わりに、書籍の価格から私の利益となるはずだった部分を引いてもらいたいと考えている。

私がこのような決定をしたのは、それにより世界の平和に大きく貢献できると考えたからだ。私は世界の多くの人々が人類自身のために変わらなければならないと認識している。そして私の持つ知識と情報を世界に広めることができれば実際にそれに成功する自信がある。しかしその内容が無料で公開されていない場合あるいは高い代金を支払わなければ手に入れられない場合は、それを読んでくれない人が増えたり読みたくても読めない人が出てきたりするかもしれない。私はそれを防ぐためにこのブログの内容から直接的に利益を得ることをやめることにしたのである。

これは言い換えれば、あなた方は本来であれば支払うべきである私への対価を支払わずに、私の書いたものを読むことができるということである。もちろんこれは私自身が勝手に無償で公開した結果であり、何かを支払うことを約束してもらったうえで内容を読んでもらったわけでもないので、あなた方に何かを支払う義務があるわけではない。これを読んだ人が私に何も支払わなかったのだとしても、私にはその人達を責め立てることはできないしその人達に何か悪い印象を持つこともない。

しかしそれでももし、私の書いたものに対して対価を支払ってもいいあるいは支払いたいと感じる者がいるのであれば、それを世界平和への貢献という形で支払ってほしい。どの程度を私への対価として支払うのかはそちらで決めてくれていい。やることはほんの些細な活動でもいい。私はこの世界平和実現構想の内容を書くのに合計で半年程度の時間をかけることになると思われる(その間は一日の時間の内かなりの割合をその執筆活動に充てていた)。そして、自身が書く内容についての構想を練っていた期間まで含めると総合的に二年半から3年程度の時間をかけてそれを書いたことになるだろう。私は本音を言えばこれほどの労力をかけたものを資金的な余裕があるわけでもないのに無償で公開したのだから、少しぐらいは行動を起こしてくれる人が出るのではないかと期待している。私の書いたものから得たものがあるという人は是非とも世界への貢献という対価を支払ってもらいたい。

そして、私はその対価の支払いを行った人に限らず世界の多くの人に継続的に世界への貢献を行ってもらいたいとも思っている。私自身も私の活動をこの書籍では終わりにせず、継続的に何かしら人々の幸福のための活動を行っていくつもりである。


また、私の書いたものは後の世界に影響を与えるほどのものにはならないのかもしれないが、もしそれが私が死んだ後の世代にも何か利益をもたらすことに成功したのであれば、その未来の世代も私への恩返しだと思って何かしら世界のために活動することを検討してくれてもいい。もちろん私も私に恩恵をもたらした歴史上の人々に対していちいち恩を返さなくてはならないと思っているわけではないので、未来の世代に私への恩返しを義務付けられるとは思っていない。しかし私がこのように私が持つ知識や知恵を書籍化したのは未来の人々の幸福のためでもあることは覚えておいてもらいたい。

 

ブログについて

私のブログは「世界平和実現構想+α」という名前だが、この名前からわかるようにそのブログの内容は世界平和実現構想に書かれる内容だけではない。私は私のブログにおいて今後も継続的に情報発信を行っていくつもりであるので、興味のある人には是非その情報も確認してもらいたい。

私は多くの人から無駄に時間を奪うつもりはない。従って、私はブログに無駄な情報を大量に公開するようなことはせずに、洗練された内容の記事のみをブログに掲載する予定である。記事をアップロードする頻度は、記事の内容の洗練に時間がかかることや自身の忙しさが原因で非常に低くなると考えられる。日本語版以外の言語についてはどの程度記事を出せるかは分からないが、本当に重要なものは英訳程度はしたいと考えている。

重要な情報の拡散

相手に話を通そうとする際には理屈だけではうまくいかないことが多い。相手に話を聞いてもらいもらいたければ、自身に対する相手からの信頼も大切なのである。しかし私はとても多くの人の信頼を得られるような人間ではない。私は決して善人といえるような存在ではないし、政治的な発言についても多くの人の反発を買う恐れのあるものを行い得るからである。あるいは政治的なものでなくとも今後世間一般の価値観から大きく乖離した言動を行う可能性は高い。それゆえにおそらく私が話している内容を無条件に一切否定するような人間も出てくることになるだろう。そのような人間にはその人に信頼されている私以外の人間がうまく伝えるべき話を伝えてもらいたい。その際は私の良くない点を大いに批判しながらでも構わない。実際に私には数多くの間違いが存在するが、それが批判されないというのはいいことではないのでそれは積極的に行われるべきである。

 

私が書いた「世界平和実現構想」の内容は基本的には広めるために書いたものである。もし、何らかの事情で私のブログが潰れて復活しそうにない場合には、世界平和実現構想の部分の文章のコピーを誰かが勝手に公開してくれても構わない(販売は認めない)。そうでなくとも、もし私のブログの情報を見たくてもそれに直接アクセスできない人がいるのであれば、私の文章のコピーをその人に勝手に渡してもらっても良い。とにかく私がその内容として書いたものに広める価値があると感じられるものがあれば、それは拡散してもらいたい。

 

日本向けあとがき