世界平和実現構想+α

世界の平和を実現するための方法を考えます

第七章:対話

 


対話の態度

対話力の向上

対話の能力はすぐに身につくわけではない。考えついた対話の技術について、複数の技術を同時に使用するためには、各技術を無意識下で実行できるようになるまで繰り返し使用しなければならない。いきなりすべての技術を使いこなすことは難しいので、より重要なものから一つずつ身に着けるようにするといいだろう。

また、話が通じないと思ったときにすることは相手を攻撃することではなく自身の対話の技術を向上させることである。話しが通じない原因が単に自分の説明不足であることも多い。(ただし対話の能力が人によって違うことは受容されるべきことであり、無理をして必要以上の技術を身に着ける必要はない。対話力以外にも大切なものは存在する。)

 

対話における忍耐の必要性

社会をよりよくするための考えを相手に伝えるために対話を行っても、その考えが相手に受け入れられないことは数多くある。しかしその場合でも憤ってはならない。一度の対話で伝えられる情報量には限界があるため、そもそも少ない回数の対話で直ちに相手を変えられないことは当然のことである。世界を変えたければ地道に情報発信や対話を続けなくてはならない。
自身の望みを押し通すための対話であればそれを継続したとしても世界が思うように変わるとは限らない。しかし主張内容が真に社会を良くするものであればやがては世界を変えることに成功するだろう。


自分にとって重要な権利に関わる議論においてこそ冷静さを保つ努力をしなくてはならない。また、自身に損失を与えることにつながる勘違いを見ると腹立たしく感じることもあるかもしれないがそれはお互い様であることを理解しておいた方が良い。


怒りについて

酷い不正義にさらされた人が怒りを感じるのは当然のことであり、それ自体は悪く言われるべきことではない。しかし社会を変えたいのであれば怒りを誰かにぶつけるようなことは控えた方が良い。なぜならば怒りを向けられた人は自身の考えをより強固にする恐れがあるからである。社会をよくしたいのであれば、怒りをスローガンにしてはいけない。誰しも時には怒りで暴走する可能性があるが、その場合は周りがその人を冷静にさせることが好ましい。

 

言い負かすことと正しさの関係

相手を言い負かした者の考えが正しいと思ってはならない。世の中には、私のように頭の回転速度の遅い者や言い負かされないようにする技術の低い者がいる。しかしそれらの人々の中にも優れた考えを持つものは数多くいる。もし社会に相手を言い負かしたほうが正しいという風潮があるのであれば、それらの人々の考えは頭の回転速度の速い者や相手を言い負かす技術に長けたものに排除されることになるだろう。対話を行う者及びそれを見るものは、相手を言い負かした者が正しいわけではないということをよく理解しておくべきである。


事実を誤認させる技術への対処

正しくないことを正しいと思わせる技術もある。それに騙されないための方法を普段から学んだり考えたりしておくべきである。騙されないための方法としては、受け取った情報を批判的に検証するための時間をとったり、その情報を否定する立場のものの考えを調べてみたりすることが考えられる。特に自身や社会に大きな影響を与える情報については騙されないようにするための対策を行ったほうがいい。

タブー

自身を取り囲む環境次第では、行うべき主張が行い難い場合がある。しかしもしそれが本当に主張するべきものであるのなら、それを主張する努力はできる限り行うべきである。例えば主張の行い方を相手や社会にとってより受け入れやすいものにすることで、自身に主張できる範囲を増やすことは可能である。また、現在主張可能な範囲の発言を駆使して社会の変化を進めたり、社会の様子を見ながら受け入れられる主張方法を少しずつ探ったりすることによっても、徐々に自身が主張可能な範囲を拡大することが可能である。もし自身に主張を阻害する圧力を突破することができないのだとしても、その圧力に加担して他者の邪魔をするようなことは避けたほうがいい。

どうしても自身の本音を隠しながら主張したほうがいい場合も存在する。しかし自身の意図をごまかすやり方は不信感を持たれる可能性もあるので、できることなら自身の考えは率直に示すようにした方が良い。

社会やある集団の内部において非道徳な行為が行われている場合は、その行為への批判を封じる圧力が存在したのだとしてもできる限りその行為に反対の声を上げるようにしなければならない。非道な行いに対して内心ではおかしいと感じている人間が多いのであれば、誰かがそれに反対の声を上げることでそれらの人々が蜂起しやすくなるはずである。より多くの人が声を上げることでその可能性もより高まるだろう。

 

小さな無礼を気にしない

お互い相手の些末な無礼を気にしてはいけない。お互いに配慮を求めすぎる社会では何かを言うことが難しくなる。仮に相手がこちらの小さな無礼を咎めるのだとしても、こちらは相手の無礼を気にしないようにした方が良い。


相手の間違いを許容する

間違った主張をした人が馬鹿にされたり攻撃されたりする状況においては、誰も安心して何かを主張することができなくなくなる。間違いによる損害の程度にもよるが、相手が間違った主張をしていたのだとしてもそれを悪く言うようなことは基本的に避けるべきである。特に自身の利益に関わる誤りについては憤りを感じるのはやむを得ないことなのかもしれないが、それについてもお互いにお互いが同じようなことをしているということを理解しておいた方が良い。


対話が通じない相手から身を守ること

世界の諸対立について、対話での解決ができない場合も存在する。例えば世界にはこちらの対話に応じず何者かを一方的に迫害しようとする人間が存在するかもしれない。そのような場合は必要に応じて対話以外の手段でもって身を守らなくてはならない。対話による融和は大切であるが、それが通じない相手から身を守る力もそれと同様に大切である。しかし対話以外の手段で解決する場合においても、できる限り平和的手段で解決するように努めなくてはならない。また、対話以外の手段を使う場合でも対話は継続的に行うことが望ましい。対話の通じない攻撃者への対抗手段としては法による処罰などが存在する。

 

 

対立を解消するため対話

言い負かしたほうが負け

対立を解消するための対話においては相手を言い負かした者が負けである。融和のために対話を行う者は、相手を言い負かさずに自身の考えを相手に伝える技術あるいは対話を前進させる技術を身につけなくてはならない。また、相手が納得しないうちに無理やり言いくるめるようなことをしてはいけない。

 

真の望みの分析

対立を解消するための対話においては、表面的な意見のやり取りのみでは問題の解決が難しい場合がある。その場合は相手の真の不満や真の望みを分析し、それに基づいた提案を行わなければならない。


相手を馬鹿にしない

相手が間違ったことを言っていたのだとしても決して馬鹿にしてはいけない。馬鹿にすれば相手はより頑固になり話をすることが難しくなる。相手が誤りを認め意見を変容させた場合に、その誤りを持ち出して相手を悪く言うようなことをしてはならない。

相手を馬鹿にするとその行いが自分の身に跳ね返ってくることが多い。なぜならば、相手を馬鹿にした人間はその後に自身の間違いに気づいた場合に素直にそれを認めることが難しいため、無理な理屈を必死に作り出して自身の考えを肯定するはめになるからである。したがって、自身のためにも相手を馬鹿にすることは控えるべきである。


意見の相違を受容する

相手に対して自身と同じ考えを持つことを期待するのは基本的にはやめた方が良い。そのような期待を持っていると、その期待が裏切られるたびに無用な怒りを感じることになる。普段は相手の考えを変えることにこだわらずに情報提供、自身の意見の主張、相手への提案などをするだけで良い。

 

譲歩について

利害による対立が生じた場合、それが重要な問題であるのなら安易な譲歩は避けたほうがいい。確かにこちらが譲歩すればするほどより簡単に対立を解消することができるようになるが、現実的な問題として一方的に譲るばかりであれば最終的に自身の側が理不尽な搾取にさらされる可能性がある。さらには対話を十分に行わないことにより、お互いにとってより良い案があるにもかかわらずそれを見落とす可能性も高くなる。

私は譲歩はしないほうがよいと言っているわけではない。対立の解決のためにはいずれは譲歩が必要になる。しかし自身の破滅を避けるためには譲歩に慎重になるべきときもある。また、相手を騙して一方的に利益を奪ってはならない。相手が言わずとも公正にするための努力をしなくてはならない。求めるのは公正であり、相手から利益を奪うことではない

日常の小さな利害の対立であれば基本的に自分が譲るという態度でも良い。それは結果的に自身に平穏をもたらすことになる。

 

 


尊重の対話

世の中には自身の間違いを認めたくないがために、その誤りを指摘する人の主張を何が何でも否定しようとする者がいる。特にインターネット上においてはそのような状態になっている人が多いように思われる。しかし私はそのような人とも効果的に対話を行うための方法をいくつか見つけることに成功した。その方法とは次のようなものである。


・十分に相手を尊重し、敵意がないことが伝わる発言を適度に繰り返しながら対話すること。私はインターネット上で政治に関する議論を行ったことがあったが、相手を言い負かすことにより相手を変えることに成功した例は一度もない。しかし、相手を尊重する態度を継続的に示しながら対話することで、相手の考えをその場で十分に変えることには成功しなかったものの、ある程度は相手に話が通じたと感じられることがあった。

・自身の主張をできる限り分かりやすく明確に行うこと。
自身の主張を行う際は、根拠、証拠、情報を十分に集めたうえで、根気強く相手にわかりやすい形で説明しなくてはならない。分かりづらければ相手は理解してくれない。

・相手の考えを全否定するのを避けること。
相手の考えを全否定することを避けるために、相手の考えの内賛同できる点は賛同し、こちらが改めるべき考えについては改めた方が良い。しかし賛同してはならないところまで賛同しないように注意しなくてはならない。また、ときには一切の否定を差し控えることも検討する価値があるかもしれない。カウンセリングにおいては相手の考えを否定しないという方法が用いられているらしいが、これは相手が精神的な病に侵されていない場合にも通用すると思われる。

・相手に質問してみること
ときには相手がなぜその考えを持つのかを相手に語らせることも必要である。相手に質問をすることで相手が自ら何らかの良い気づきを得る可能性もある。ただし、問い詰めるような形で語らせてはいけない。あくまで相手の考えを知ることを目的として質問を行う。もしかすると相手の回答が自身に新たな知見をもたらしてくれるかもしれない。


・相手の考えを変えることに拘らないこと
相手の考えをすぐに変えることに拘るべきではない。対話は相手をすぐに変えられなかったのだとしても無駄にはならない。対話の過程で相手に伝わった情報が、後々相手に影響を与える可能性がある。また、人前で相手を変えようとするのはやめた方がいい。人前で話さざるを得ない時は、相手を変えるところまではやらずに、自身の考えの主張と相手の主張を否定せずに疑問を投げかけるに留めること。中には絶対に変わらないつもりの人間もいる。その場合は変わってくれる人を変えるしかない。

 

議論

議論の目的

議論は自分の考えを分からせることを目指すのではなく、相手と協力してより良い考えを見抜くことを目指して行うべきである。自身の考えを絶対に正しいと思いながら議論に臨んではならない。

議論の準備

本格的に議論をする場合は準備はしておいた方がいい。議論中に考えられることはそんなに多くはない。高度な考えは事前に準備して初めて議論中に述べられるようになるのである。


人格攻撃をしないこと

人格攻撃をしてはいけない。もし人格攻撃を行う者がいれば周りが制止することで、人格攻撃を認めない空気を作り出す必要がある。また、誰かの意見の正誤をその人の人格で判断してもいけない。

 

自身の考えと異なる意見を抑圧しないこと

議論はお互いにお互いの案の問題点を簡単に指摘できる状態でおこなわれるべきである。自分一人で考える場合、自分の意見を破壊して作り直すことを避けたいという気持ちがはたらき、自身の意見の問題点について甘く判定しがちである。しかし議論の際に自身の考えを否定する主張を排除せずに聞き入れることで、その問題点を修正することができるようになるのである。


完全な主張を作ることの限界

私には絶対に正しいといえる主張を作ることは実質的に不可能であるかのように思われる。しかし完全は無理でもより確実性の高い結論を出すようにすることはできるはずである。議論をする際はより確実性の高い情報をもとに、より確実性の高い結論を出すように努めると良い。

根拠を際限なく求め続ければ、全ての主張はいずれ行き詰まる。従って相手を黙らせたければ相手の主張の根拠を際限なく質問し続ければよい。しかしお互いにそのようなことを続けるのであればいつまでたっても話が進展することはない。それを防ぐためにも、お互いに内心では正しいと認識している情報についてまで、真実を見抜くことではなく自身の主張を押し通すことを目的としてその根拠を問いかけるようなことは避けなくてはならない。

質問攻めにされた場合答えることが難しくなるのは誰でも同じである。相手が質問に答えられなかったことを理由に、相手を勉強不足であると罵ったり相手が間違っていると主張したりしてはならない。

 

情報不足下における議論

情報不足あるいは知識不足の問題について安易に断定的な主張をするべきではない。しかしそれは自身が詳しくない分野については意見を述べるべきではないということを意味しない。自身が情報不足の状態であっても、自身がその時点でどのような情報を持っているのかを示したうえで、その情報が正しい場合に自身がどのような考えをもつのかということを語ることは可能である。

また、情報不足下においても相手に対して質問を行うことは可能である。自身の主張を述べられる状態にないのなら、相手に対してその人がどのような情報と考えを持っているのかを質問して自身の見識を深めることができる。

 

証拠を示せない経験則

証拠を示せない経験則を議論で持ち出すことは無条件に否定されるべきことではない。証拠を呈示することができなくとも、傾聴に値する経験則というのはあるはずである。ただし、当然証拠を示せないのであれば相手がそれに納得できないことはやむを得ないことであると言える。その法則があることに納得できない相手にそれがあることを認めさせたいのであれば、お互いが共有している経験則を元にしてその経験則を証明したり、信頼性のある実験(その実験は、少なくとも実験者が自身の利益で実験結果を改変する可能性が低く、結果に偶然の可能性がなくなる程度に繰り返し行われる実験である必要がある。)などによって実証する必要がある。また、その経験則を提示した者はその経験則を絶対の事実と思い込んではならない。自身の都合のためにありもしない経験則を無理に正しいものとしようとしてはならない。

お互いの間で既に共有されている経験則については、それについて相手に納得させる作業をせずともそれをもとに議論を展開することができる。しかしその経験則もまた絶対に正しいものであるとは思い込んではならない。

 


議論の質の向上

議論の品質を高めたければ間に考える時間を用意したり、複数回に分けて議論を行ったりした方がいい。議論の最中に得た情報をまとめた上で考察を行う時間をとれば、議論中に出た考えを基にしてさらに発展した議論を行うことが容易になる。

 

検証の必要性

議論の最中に自身の考えの誤りやより優れているように見える新たな考えを知ったのだとしても、その場で自身の考えを変える必要はないし相手に対しても直ちに考えを変えるように迫ってはならない。新しく知った考えが本当に良いものであるかについては検証の時間を取らなければ判断はできない。

 

必要な議論は積極的に行うこと

必要な議論は積極的に行ったほうが良い。議論を行うことでより良い考えをより早く見抜くことができるようになる。議論を積極的に行えば、議論の準備の際の情報収集や議論中の情報交換により必然敵に議論の参加者の知識や情報は増加し、さらにはそれらの人々が自身の考えの誤りに気付く速度も速くなるからである。

 

討論


討論とは

討論とは、私の勘違いでなければ、自身と相手の相反する意見を戦わせてどちらが正しいかを決める形式の議論である。以下は特に政治的な討論を意識して書かれている。

討論の勝敗と正しさ

討論の過程で得た見識を判断の材料にするのはいいが、討論の勝敗で物事の正しさを判断してはいけない。討論もまた頭の回転速度の早いものやその技術を高めることばかりに多くの時間を割いた者が有利になる対話形式である。討論の勝敗で正誤を判断するのであれば、そうでない人々の主張はそれが正しかったのだとしても排除される可能性が高くなるだろう。

討論でもまた準備をすることが大切である。

討論では高い頭の回転速度や討論の技術が有利に働くことは間違いないが、実のところそれだけでは質の高い意見を述べることは難しい。お互いに準備をすることで初めてより良い討論を行うことができるようになる。


政治と討論

もし政治家が討論を行うのであれば時に詭弁を使う羽目になることは諦めて受け入れざるを得ないだろう。政治家はその立場から討論中には絶対に認めることのできない考えというものが存在する。そのような考えを無理に討論中に認めさせようとすれば、詭弁を使って反撃せざるを得なくなるだろう。もし相手の立場上認められない考えをどうしても相手に認めさせなくてはならないのであれば、その人に十分な時間を用意して、認められないと考えているものを認めたうえでより多くの支持者が得られるような新たな考えを見つけてもらわなくてはならない。場合によっては社会の変化を待たなければ認めてもらいたいものを認めてもらえない可能性が存在する。

 

討論の際の感情

討論においては感情的にならないようにする努力が必要である。しかし感情的にならないことをいくら社会的に要求してもその要求が完全に満たされることはないことを理解しておかなければならない。特に自身の利益が関わるものに関する討論であれば感情的にならないことは難しいだろう。

ちなみに私は討論が嫌いである。なぜなら私は頭の回転速度が一般人の平均を大きく下回るので、それを行えば基本的に手も足も出ず相手の意見を理解することすらできず敗北するしかないからである。また、討論自体に現時点では興味がないのでその技術を身に着けるつもりもほとんどない。私は基本的に文章での時間をかけた情報のやり取りのみを行いたい。私は焦りながら何かについて語りたくない。

 

討論の効果

現時点において、日本人と欧米人を比較すると後者の方が討論の能力は高いだろう。日本よりも欧米諸国の方が討論の教育に触れることが多いからである。

しかし一方で、社会の分断は日本よりも欧米の方が激しい。そのために過激な思想に染まる者が日本以上に多く出ているかのように感じられる。むろん、その分断の原因は決して一つではないと考えられるので、討論のせいでこのように分断していると判断するのは早計である。だが、私はそのことから討論は人々の対立を修めるどころか増長させるのではないかという疑念を持っている。もしかすると感情的な対立のある時は討論という手段は使わないほうがいいのかもしれない。

一方で討論には何のメリットもないわけではない。議論と同様にこれを積極的に行うことで必然的により良い考えを見抜く速度が速くなると考えられる。また、自分の身を守ることだけを考えるのなら、討論は強いに越したことはない。政治家は特に最低限は討論の技術は身に着けておいた方がいいだろう。

そして、私は教育においての討論も行う価値があるかもしれないと思っている。教育において討論を行うことにより、人々の詭弁を見抜く能力、詭弁を指摘する能力が上がるかもしれない。また、自身の主張をわかりやすく組み立てる技術もつくと思われる。ただし、身に着けた討論の技術を悪用してはならない。相手を弾圧するために使ってはならない。